リフォームのことなら
木耐協組合員の中村住建へ

リフォーム施工例

上松FASリフォーム下地

2021-04-15

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

上松FASリフォーム物件、断熱材エアクララ吹付前の下地工事です。

 

上松FASリフォーム解体工事

2021-04-09

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

上松O邸のFASフルリフォームの工事始まっています。 写真は内部キッチン部分の解体の様子です。このように家全体を内部は骨組みのみにし 基礎・壁・屋根とファースエアクララの吹付断熱をします。

 

トイレリフォーム工事

2021-03-15

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

トイレ設備機器の入替、腰壁を付けました。 床は既存のままのリフォーム工事です。

 

神社耐震工事②

2016-08-08

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

入口上部壁、左右壁に筋違設置し、板張で仕上しています。

 

神社耐震工事①

2016-08-03

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

布制神社の耐震工事です。 両側の出入り口を撤去し、筋違を入れました。上部の壁にも筋違を設置。  

 

長野市A邸② 壁補強・仕上げ

2016-07-12

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

筋違い・金物補強の後は、構造用合板という厚みのあるベニヤを取り付けて更に強度を付ける事により、耐力壁となります。 この様な耐力壁を、内部壁や外周りの壁に設置し、耐震診断などに基づきバランスよく配置し設計します。

 

長野市A邸① 筋違い・金物補強

2016-07-11

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

昔の木造住宅は大きなランマ付き窓が建物の南面全面にある事が多く、また部屋の間仕切りが襖や障子の場合が多いので、必然的に耐力壁が少なくなってしまいます。 写真の様に窓と窓の間に壁を設けて、筋違いと上下の柱に金物を取り付けます。

 

長野市B邸 基礎補強・鉄筋

2016-07-10

施工前(BEFORE)
 

施工後(AFTER)

写真の基礎は土台の下が玉石基礎になっており、また土間コンクリートもありません。耐震診断において壁等の補強も大切ですが、それに伴い基礎も強くする必要があります。 鉄筋コンクリート基礎、鉄筋土間コンクリート、また基礎のひび割れや基礎の劣化等の補強が大切です。